03-3905-4112

北赤羽駅から徒歩1分

WEB予約はこちら

アレルギー検査

アレルギー検査について

アレルギー検査画像

アレルギー症状を引き起こす原因、つまり抗原(アレルゲン)には、ダニ、ハウスダスト、花粉、食品、カビなど、いろいろな物質があります。
アレルギー検査は、アレルギーの原因が何であるのかを特定し、治療に役立てるための検査です。
当院では、血液検査とパッチテストを行っております。

血液検査

IgE抗体、好酸球(白血球の一種)、TARC(サイトカインの一種)等の数値を測定します。アレルギー体質であれば、数値が高く出ることが多く、TARCはアトピー性皮膚炎において病気の重症度を反映するといわれています。
また特異的IgE抗体検査を行うことで、血清中に特定のアレルゲン(ダニ、ハウスダスト、花粉、食物等に対する抗原)に対するIgE抗体(特異的IgE抗体)があるかどうかを調べることもできます。

Viewアレルギー39検査

Viewアレルギー39検査は、アレルギー症状を起こしやすい39種類のアレルゲンを1度の採血で検査することができる血液検査セットです(保険適応)。採血をおこなってから約1週間後に結果をお伝えします。検査をご希望の方は、医師にご相談ください。

吸入系 その他アレルゲン:室内の塵(ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト)、動物(ネコ、イヌ)、昆虫(ガ、ゴキブリ)、樹木(スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ)、草(カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ)、カビ(アルテルナリア、アスペルギルス)、カンジダ、マラセチア、ラテックス 食餌系アレルゲン:卵白、オボムコイド、牛乳、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米、エビ、カニ、果物:キウイ、りんご、バナナ、魚、肉、マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

パッチテスト(貼付試験)

アレルゲンのエキスをパッチテスト用絆創膏に浸み込ませ、それを皮膚に貼り付け、一定時間後にはがして皮膚の状態を観察します。
接触皮膚炎の確定診断に欠かせない検査で、多くの試料について一度に検査できるメリットがあります。主に化粧品や基礎化粧品、毛染めなどによる接触皮膚炎や、金属アレルギーの原因同定のために行います。

北赤羽さきやま皮膚科

診療科目

皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科

住所

〒115-0052
東京都北区赤羽北2丁目24番24号
バンイードビル101号

TEL

03-3905-4112

最寄駅

  • 北赤羽駅から徒歩1分


    (サイクルベースあさひさんの隣)
  • 志村三丁目駅(都営三田線)から国際興業バスで約7分、北赤羽駅入口バス停で下車し、徒歩1分

診療時間 日祝
9:30~13:00
交替制
手術・レーザー
予約制 11:00~13:00
15:00~17:30

休診日:水・日・祝
:院長(男性) :副院長(女性)

※火曜日の「手術・レーザー枠」は、レーザーのみ対応です
※土曜日:原則1診です。
奇数週(1,3,5週)は副院長による診療
偶数週(2,4週)は院長による診療